心地よい言葉

今日の新聞を読んでいたら、読者の投書コーナーに小学生からの投稿があって、こんなことが書かれてあった。

「夏休みが終わって、みんなに会える!でも、夏休みが終わってしまう」

で、それについて結びに一言。

「うれしいけど、かなしいなあ」

そうなんだよなあ、うれしいけどかなしい、ってなんか矛盾しているけど、そんなことがあるんだよなあ。その気持ちがよく分かって、ちょっと「うくく」ってなった。うくく。

なんたら素朴な言葉なんだろうか。純で、素直で、正直で。こんな言葉、忘れてしまっていたよなあ。と、ちょっと反省。子供の言葉って、面白い。

山頭火句集を読んでいる。いいなあ、癒されるわ、山頭火。「酔うてこほろぎと寝てゐたよ」とかね。

いかん、漢検の勉強忘れてるわ。忘れっぱなしやんけ。