試験勉強

漢検を受けようと思って、とりあえず勉強し始めたのだけど、試験対策としての勉強法を全く知らなくて唖然としている。思えば、自分は試験に縁のない人生であった。恥の多い人生でした。

とりあえず参考書をパラパラとめくってみるのだけど、なんだか漠然としすぎている気がして、覚えなければいけない範囲を効率的に勉強する方法を模索すること2時間。

漢字検定と言っても、ただ漢字を覚えればいいわけではなく、故事成語や、四字熟語なんかもあるから、これらは別に辞書を見ながら勉強せねばならない。とりあえずスタンダードに単語カードで難読漢字を覚えていくところから始めようと、で、その流れで熟語に入って、最終的に過去問でチェックだな、とそこまで構成を立てたら疲れて、結局今日は1ページも進んでいない。というか、この参考書とか買ったのも数ヶ月前だし。やっと重い腰をあげたばかり。そういや、韓国語の勉強は全く進んでいないな、とか思いだしてイヤンイヤンてなってしまった。

アマゾンで注文していた、きらたかし『赤灯えれじい』が到着。気を抜いたら、読み止まらなくなってしまう。

※「あっ!とお的なブログ」UPしました!『山頭火日記2』。