怪談の季節

夏ですね。稲川淳二の季節ですね。どうも、稲川淳二ファンの方というのは案外多いらしい。ぼくが知っているだけでも、三人いる。三人というのはすごい数字だ。僕は別に稲川淳二さんのファンというわけではないから、その僕の周りにファンが三人となると、これは日本国中でいったら百万人規模の数字になりそうです。

これが例えば、(こんなことを引き合いに出すのも悪いんだけど)「ぼくは志村けんさんのファンです」とか「私はクワマンのファンです」「俺はチンぺー好きだよ」みたいな人は一人もいない。好き、という人はいるだろうが、ファンはいない。というか、「私はEXILEのファンです」という人も僕の周りには一人しかいない。上に挙げた稲川淳二さんのファンというのはコンサートに行くぐらいのファンであり、簡単な計算でも、僕の周りには少なくともEXILEの三倍、淳二ファンがおるわけで、すげえなあ稲川淳二さん。もう怪談のシェアを独り占めしてる感あるもんなあ。

昔は夏といったらチューブだったけど、今は夏といえば稲川淳二。お化けといえば稲川淳二。怪談といったら稲川淳二。ヤフーのトップページでも特集組まれてたよ。あ!そういえば今思い出したけど、自分も稲川淳二さんのDVDを数枚レンタルしたことがあった。むう、恐るべし稲川淳二さんの底力。