小説を書く体力

小説を書こうと常日頃思っているのだけど、未だかつて小説を書き上げたことがない。アイデアは浮かぶし、書く時間がないわけでもない。「これは面白い話になりそうだ」と書きはじめるのだけど、1万字か2万字書いたところで、筆を投げてしまう(実際にはワードを閉じてしまう)。なんでなのか自分でもよく分からない。例えば、2000字のエッセイを1日に5本(1万字)書くことを1か月続けろ、と言われたら出来る自信がある。けれども、1本の小説を1日5000字ずつ1ヶ月書くということが出来ない。いや、書けと言われたら無理矢理に書くことはできるだろうけど、作品として仕上がらないだろう。

向き不向きで考えたくない。いつかは書けるだろうと思っている。ただ、小説を書くために必要な体力が自分にはまだ備わっていないのかもしれない。