お金の使い方

スキャットマン・ジョンは天国で元気にやっているだろうか。

今日、仕事場で先輩と「正しいお金の使い方」について話した。

以前から僕はお金の使い方で最も理想的なものってなんだろうかと考えているのだけど、これ、答えが出ないのだ。

「お金を稼ぐ」ということは、「生きる意味」という哲学的な問題に直結していて、お金の使い道に、その人の人生観は表れている。子供のために私は生きる、という人は子供にお金をかけるだろうし、ギャンブルで生きていくと決めている人はギャンブルにお金をかけている。生きる意味が分からない人はとりあえず貯金をしているし、お金のために生きている人は金塊や株券にお金を換えている。逆に言えば、お金の使い方でその人の「生きる意味」がだいたい分かる。

ところが、誰にとってもそれは個々人の「生きる意味」でしかなく、「人は何故生きるのか」という全人類に共通した答えではない。「人は何故生きるのか」という問題には答えが出ていない。だから、「正しいお金の使い方」というものも見当たらないのだ。お金ほど使い方が難しいものもそうない。